エストロゲン

レチノールが持つアンチエイジング効果とは

アンチエイジングとは、美容効果の中でもお肌の老化を抑制したり若々しいお肌に再生する効果が求められているのですが、中にはニキビ等の肌荒れに悩んでいる方も少なくは有りません。
ニキビとは大人になっても十分に出来てしまう肌トラブルであり、食生活の乱れや睡眠不足が大人ニキビの大きな原因なのです。
しかし、このニキビや肌荒れに対して効果を発揮しつつ、更にアンチエイジング効果まで期待する事ができる成分があるのです。
その成分こそが、レチノールなのです。

レチノールとは、もともとビタミンAの事であり、ビタミンAが持つ特徴として活性酵素の減少や炎症防止等の働きを期待する事が出来ます。
活性酵素とは年齢を重ねるにつれて誰でも体内に持ってしまう成分なのですが、その活性酵素を抑制する事によって老化トラブルを未然に防ぐ事が出来ます。
更に、炎症防止とはニキビの炎症に対しても十分有効的であり、皮膚内に存在する細胞を分裂促進や代謝の促進も可能なのです。
その事から、レチノールとはアンチエイジングとニキビ、肌荒れトラブルにとても効果的な事が言えます。

では、このレチノールを摂取するのであれば、ビタミンAが豊富な野菜やウナギがオススメ出来るのです。
野菜の中でもニンジンにはビタミンAが非常に多いですし、ウナギにも十分な量が含まれています。
更にこのビタミンAの吸収率を増加させるのであれば、油を使用して炒めたりする調理法が望ましく、βカロチンと言う成分をしっかりとビタミンAに変えてくれるのです。

これらの事から、レチノールと言う成分がアンチエイジングやニキビ、肌荒れに効果的な事が言うまでも無く、野菜やウナギ等をビタミンAが豊富な食品を食べれば良いのです。
レチノールには活性酵素の抑制と炎症防止効果が有りますので、老化を防ぎながらニキビトラブルの原因を減少させる事ができるのです。
更に油を使用して調理すれば、よりビタミンAの吸収率を上げる事も可能なのです。


このページの先頭へ