エストロゲン

エストロゲンとプラセンタでアンチエイジング

お肌の老化に直接的な原因として考えられる事はメラニン色素や活性酵素等の成分なのですが、実は人間のホルモンバランスもお肌の状態に大きく関与しているのです。
ホルモン調整を正確にしておく事でお肌の状態を悪化させるリスクを減少させることが出来るのですが、その事から女性ホルモンを積極的に摂取したり、ホルモンバランスを安定化させる必要があります。
そのホルモン調節に役立つのがサプリメントの効果であり、中でもエストロゲンやプラセンタと言うサプリメントにはアンチエイジング効果を非常に豊富に取り揃えているのです。

まず、エストロゲンと言う成分に関してですが、エストロゲンとは本来女性ホルモンの事を言い、この成分が不足すれば体調にも影響を与える事が有るのです。
もちろん女性ホルモンと言う事からエストロゲンの減少は美容効果にも悪影響を及ぼしてしまいます。
実はこのエストロゲンとは、40代を境にして急激に減ってしまう成分であり、その事からホルモンバランスの乱れが考えられるのです。
だからこそ、体外からエストロゲンを摂取してあげて、ホルモン調節を正確に行う必要が有ります。

更に、プラセンタに関してもエストロゲンと同様でホルモン調節に役立つ成分なのですが、ある注意点を把握しておく必要が有ります。
プラセンタには植物性・動物性・マリン等と種類を細分化する事が出来るのですが、この中でも動物性のプラセンタに限り効果を期待する事ができます。
植物性やマリンには成長因子というタンパク質が含まれて居ないので、ホルモン調節をする事が出来ず、使用してもアンチエイジング効果は十分に期待出来ません。
その反面、動物性のプラセンタには成長因子が含まれているので、安定したホルモンバランスを作り上げる事が出来るという訳なのです。

これらの事から、エストロゲンとプラセンタによってアンチエイジング効果を期待する事が十分出来、どちらも人間のホルモン調節に大きく関連しているのです。
女性ホルモンであるエストロゲンを豊富に摂れば美容効果が有りますし、プラセンタの中でも動物性であれば成長因子の効果を経てホルモンバランスを安定化させる事ができます。


このページの先頭へ